金運をあげるために必要な3つのこと!体と心と脳の秘密

シェアすると金運アップ(๑˃̵ᴗ˂̵)

体、心、脳。

この3つのどれが欠けても、人間は生きていくことはできません。

そして、そのバランスを整えることが大事です。どれかひとつだけ良ければいいというものではありません。

どこかにゆがみがあると、金運をつかむどころではなくなってしまいます。

まずは、この三位一体を整えましょう。

『体』『心』『脳』

この3つは自分のものなのに、どれもよくわからないものですよね。

専門家の方でも、まだまだ未解明の部分が多いようです。

うまくコントロールできているときもあれば、思うように動かないときもあります。

金運をつかむために、この3つをうまく整える方法を書いていきます。

スポンサーリンク

体を整える

金運と体。

一見つながりがないように思えますが、金運が強い人はみな体が健康です。

いつも体の調子を気にしてばかりいると、せっかく訪れたチャンスをつかむことができません。

体の状態を整えるためには、やはり歩くことです。

筋肉と関節を動かして、血流をよくすることが一番効率的です。

おそらくこれ以上のものはないでしょう。

何かを持ち歩いたり、出勤のついでに歩くというのではなく、他に目的を持たずに、歩くためだけに歩きましょう。

健康のために歩くということではなく、ただひたすら歩くのです。

ちょっとした修行ですね。

どんなに短い時間でもいいので、ただただ歩いてみてください。

歩くという動作は、人類がここまで発展してきた重要な要素です。

二本足で歩くことをはじめたおかげで、両腕が自由になりさまざな道具を発明して、人類は発展してきました。

歩くことは人間にとって、原始のころから受け継がれた、ごく自然な行動です。

歩くことで足の筋肉が大きくなって、ポンプの役割をするようになりました。

水の流れがとまると、よどんでゴミがたまるように、血液も常に循環させないと汚れていきます。

汚れた血液が脳や肺で悪さをしないように、強力なポンプを働かせて新鮮な血液を送り込むのです。

大きな筋肉を維持しながら、血液を体のすみずみまで行き渡らせるには、歩くことが一番理想的なのです。

心を整える

もともと自然界にあるものを、あるがままそれに視点を合わせると自然と心が落ち着いてきます。

植物やコップにはいった水、キャンドルの炎などを見るのも心を整えるひとつの方法です。

視覚から得られる情報に集中して心を整えることは日々の暮らしのなかですぐにできる方法です。

リビングやオフィスに観葉植物があると落ち着くのは、自然なことなのですね。

次は聴覚を働かせます。

聴覚も生きていく上では重要なポイントでした。

夜ぐっすり寝ているようでも、聴覚は常にオンの状態です。

私達のご先祖さまは、ほら穴で暮らしていたころには様々な危険な情報を耳で判断していました。

暗闇の中で聞く動物の唸り声はとても怖かったに違いありません。

耳からの情報はとにかくリラックスする音を聴くことです。

クラシックでも、ポップスでも、自然の雨音や波の音などでもいいと思います。

自然のものを見たり聞いたりするだけでも、かなり心が落ち着いてきます。

さらに深く整えたいときは、瞑想やヨガなどにも取り組んでみてください。

カンタンな方法だと『54321法』というものがあります。

不安を感じたときに効果を発揮する『54321法』

やりかたはカンタンです。すぐにどこでもできます。

1.目の前のものを5つ確認します。

例)パソコン、時計、窓、財布、雑誌、など、、

2.感じることを4つ確認します。

例)ソファの感触、指先の感覚、ほほにあたる風、つま先の冷たさ、など、、、

3.聞こえる音を3つ確認します。

足音、車の音、自分の息、など、、、

4.においを2つ確認します。

深呼吸しながら今のにおいを確認します。想像で好きなにおいを思い浮かてもOK。

5.最後に自分自身の好きなところを確認します。

自分の長所、ほめられたこと、成功体験、など、、

これは、現実を受け入れて、今起きていることを大きな視点で見て、だんだんと自分の心に戻っていくという過程をあらわしています。

最初は慣れないと思いますが、思い出したときに定期的にやってみると、効果がすぐに実感できますよ。

私は電車のなかでよくやっています。

脳を整える

脳を整える方法は、たくさんあって紹介しきれないほどです。

そのなかでも、私まりんが実践して効果的だったものをご紹介します。

複数のことを同時にすすめる

例えば料理でも、煮物とサラダと肉料理を同時につくって同時に完成するようにします。

仕事でも、複数のプロジェクトを同時進行でやってみます。

ラジオを聞きながら掃除や選択をして、番組終了と同時に終わるようにしてみます。

脳を活性化させるという意味では暗記をするとか、暗算をすることがいいと思いがちですが、

眼の前のことに目配りをするとか、頃合いを見計らう、計画をたてて実行する、といった脳の使い方をしたほうがいいのです。

かえって脳が疲れるような気がしますが、もともと脳は複数のことを同時にやっています。

常に危険から身を守るようにしていますし、今現在のことや過去のことや未来のことを同時に考えています。

心臓や呼吸も脳の支配下にあって、同時に処理をしています。

逆にひとつのこと”だけ”に集中することのほうが脳は苦手です。

何かに集中しすぎると頭が痛くなるのは、脳が疲れている証拠ですね。

自分をとりまく環境は、いくつもの出来事が同時に起こっています。

そして、脳はいくつもの情報をもとに同時に処理していきます。

複数のことを意識的に同時に進めることが、脳の働きを整えることにつながります。

あえて前例のないことをして、未知の世界に身をおくことで直感力が本能的に湧いてきます。

これこそが金運をつかみとるために必要なことなのです。