思考停止は金運を下げるだけです!限界は自分で決めることではありません

スポンサーリンク

なにか物事がうまくいかなくなってとき。

「もう無理」「これが限界だ」

と決めつけていませんか?

限界を自分で決めてしまうと、本来あなたが持っているはずの力が発揮できなくなります。

限界を自分で決めてしまうと、『思考停止』状態になってしまいます。

それ以上考えることをやめてしまうのです。

 

『諦め』と『思考停止』は似ているようで違うものです。

『諦め』とは、出来事自体を自分のなかで精一杯やったことの結果です。

たとえ何かに失敗して諦めたとしても、次の一歩につなげることができます。

『思考停止』とは、文字通り考えることをやめてしまうので、そこから先に進むことができなくなります。

 

本来あなたは、あなたが思っている以上に何かを成し遂げる能力をもっています。

それを思考停止状態で立ち止まるのは、ほんとうにもったいないです。

 

スポンサーリンク

『思考停止』になってしまうパターンとその解決策

あなたが、自分自身で考えることは、あなたを進歩させてくれます。

考えることをやめてしまうと、そこで立ち止まったままです。

思考停止に陥ってしまうパターンとその解決策を考えてみましょう。

 

まわりのせいにしてしまう

まわりの環境のせい、誰かのせいにすると簡単に思考停止になってしまいます。

自分には関係ないことだからと、他人事にしてしまうと考えることをやめてしまいます。

まわりを変える、他人を変えるのは簡単なことではないでしょう。

 

ただし、まわりの環境、ほかの人の考えを分析したり、違う角度からみることはできます。

自分とっては、とてもいやな人でも、ほかの誰かとは相性が良かったりします。

そんな側面を考え続けることで、意外な解決策に気づくことがあります。

 

他の人には勝てないから

ライバルや自分より知識がある人には、最初から勝てないと思い込んでしまう。

そんな時は本来の力が発揮できません。

あなたより優れている人は世の中にたくさんいます。

ただ、あなたには、あなたにしかできないことをたくさん持っています。

必ずしも、ほかの人に勝つ必要はないのです。

 

あなたより足が早い人がいても、どうってことありません。

100メートル走のチャンピオンはマラソンでは優勝できません。

自分にしかできないことを、自分の場所でやればいいのです。

 

時間がないから

この解決策はかんたんです。

効率のいいやり方を考えればいいのです。

朝早く起きる、スキマ時間を見つける、スピードを上げる、無駄な時間をなくす、脳のパフォーマンスを上げる、などいっぱいあります。

 

とはいえ、すぐに実行に移すのは難しいです。

ただ、時間の有効活用について考え続けることはできます。

誰にとっても時間は平等です。そして時間の有効活用は誰にとっても永遠のテーマです。

時間について考え続けることができれば、それは、ほかの場面でも役にたつことでしょう。

 

失敗したくないから

失敗を恐れるのは、人間のいや地球上に生きるすべての生物に共通する感情でしょう。

失敗ばかり繰り返していると、自らの生命の危機にまで及んでしまいます。

失敗は行動した結果です。

行動したから失敗します。

その失敗をそのままにすれば、そこで思考停止になってしまいます。

失敗した原因を考え続けることができれば、それはあなたにとって財産になります。

 

むしろ、どんどん失敗をして財産を増やしましょう。

失敗を経験しないで成功した人は誰もいません。

 

まとめ

ドリカムもうたってます。

10000回ダメで へとへとになっても

10001回めは 何か できるかもしれない

[DREAMS COME TRUE 何度でも]

わたしは、いままでに何度も思考停止状態になりました。

そんなときを思い返すと、やっぱり金運は最低でした。

金運、お金、生きること、仕事、人間関係、どれも考えても答えのでないものばかりです。

あきらめないで考え続けました。

それから金運が急によくなりはじめましたよ。

詳しくは【金運秘伝の書】にくわしく書いています。