【金運雑学】秋の楽しみ紅葉 ところでなぜ紅葉するの?

スポンサーリンク

秋は紅葉狩りですね。

夏の濃い緑もいいですが、赤、黄、茶のグラデーションも目を楽しませてくれます。

 

わたしはイチョウの黄色が好きです。

綺麗なイチョウの葉を見つけたら、本を重しにして押し葉をつくっています。

そして、文庫本のしおりとして使います。

 

そう言えば、神社にはイチョウの木が多いですね。

黄色は金運にもよさそうですよね。

 

 

スポンサーリンク

なぜ紅葉するの?

紅葉とは、落葉樹が葉を落とす前に起こる現象のこと。

秋になると日照時間が短くなります。

気温も下がります。

 

葉は春から夏の間、太陽の光を浴びて光合成をして養分を幹へ送っています。

秋になって、気温が下がり日照時間が短くなると、光合成ができにくくなります。

葉から幹へ養分が送れなくなります。

 

すると、木々の活動が鈍くなって葉の付け根にある”離層”という切れ目ができます。

葉が光合成で作った養分は”離層”で遮断されるので、木全体に運ぶことができなくなります。

その養分は、葉の中で貯まっていきます。

 

その養分が、色素の一種アントシア二ンに変化しては全体を赤くします。

イチョウの黄色の色素はカロテノイドという色素です。

 

なぜ落葉するの?

養分を蓄えた葉は、”離層”から分離して地面に落ちます。

落ち葉はさらに昆虫や微生物が分解して、肥料となります。

そして次の年、水分や養分を蓄えて、根から幹へと吸収されて木全体の成長へとつながります。

 

やっぱり、自然はすごいですね。

 

ちなみに、冬の間は葉が落ちて光合成をしないので、木の成長は一時的に止まります。

冬の間はゆっくりと成長します。

夏は光合成が活発になって急に成長します。

その成長の差が、年輪となって現れるのです。