金運は単なる運ではないよ・というお話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『お金』は生きていくために欠かせない「暮らしの道具」

お金はこの社会で生きていくためには、なくてはならないものです。

日常の必需品はもちろん、自分の趣味のため、万が一の病気やケガのときも困らないようにしたい、子どもたちの教育、老後も充実した人生を送りたい、と思っているはずです。

そうした自分らしい人生を実現する「暮らしの道具」がお金です。

でも、道具はその機能と扱い方を知らないままに使ってもうまくいきません。

お金も同じで、機能と扱い方をしっかり知ることで、より有意義に活用することができます。

お金と道具
お金は単なる道具です。どう使いこなすかが大事。

あなたらしい人生を実現するためには、「お金の活用力」を身につけておくことが大事です 。

お金という道具を、あなたの夢の実現に変える必要があります。

こんなふうに考え方を変えていくと、自然と金運があがってきます。

ただ神様に祈りを捧げることよりも、自ら学び理解し実践することで金運が上がるのです。

お金はよく「社会の血液」にたとえられますね。

利益という栄養を社会の隅々まで届けられるのは、お金という血液なのです。

この社会に生きているひとは、この社会の中でのお金の流れにも目を向けざるを得ません。

お金は、「家計」「企業」「国」 の3つのグループを行ったり来たりしています。

個人は、働いて得た収入で家計を支えます。

企業は、家計からの労働力を使って商品やサービスを提供して利益を得て、家計 に給与を支払います。

家計と企業は、政府に税金を納めます。

国は、税金を集めて公共サービスを家計や企業に提供しています。

このようなお 金の流れによって、社会の活動が支えられています。

いつでも、この流れを意識することで、日々の暮らし方にも変化が現れてきますよ。

知識だけでなく 判断力·行動力も大事

まずは「稼ぐ」「納める」「貯める」 「使う」「備える」「増やす」という『お金』の基本をまずは意識しましょう。

具体的にお金との付き合い方を知ることで、お金の知識を得るだけでなく、判断力も行動力も高まります 。

特に現在は、自分のお金を得る時点で、働き方や仕事の成果による収入の差が大きくなっています。

判断力と行動力は金運アップのキーワードです。行動しないことには金運は現れてはくれません。行動するためには判断が必要です。