【金運雑学】金運をあげる睡眠習慣を10個ご紹介します

シェアすると金運アップ(๑˃̵ᴗ˂̵)

一日の疲れをとってくれる睡眠。

最近、よく眠れていますか?

睡眠不足が続くと、集中力がきれてチャンスをつかむことができません。

金運をあげる睡眠は、毎日しっかり質のよい睡眠をとることです。

質の良い睡眠でぐっすり眠るための方法を10個ご紹介します。

スポンサーリンク

1 ゴールデンタイムにひとまず横になる

睡眠のゴールデンタイムは、午後10時から午前2時といわれています。

この時間に睡眠をとると、成長ホルモンが活発化します。

成長ホルモンは疲労回復効果はもちろん、肌のトラブルも解消してくれます。

とはいっても、なかなか時間帯は合わないものです。

ゴールデンタイムに眠くならなくても、短時間でもいいので横になって目を閉じてみましょう。

少しの時間でも、副交感神経がはたらき成長ホルモンが活性化します。

2 昼寝をうまく取り入れる

睡眠不足は自律神経のバランスが崩れて、判断ミスやイライラの原因になります。

短時間の昼寝でも副交感神経を刺激して、頭をクリアにしましょう。

仮眠は、15分以内が原則です。

それ以上になると、かえって自律神経のバランスを崩し、寝起きが悪くなります。

また、夜、眠れなくなったりします。

覚醒作用のあるカフェインは、体内にはいってから15分後に効果がでてきます。

昼寝のまえに、コーヒーや緑茶などを飲んでから昼寝しましょう。

15分後にさっと目覚めます。

3 昼間に運動をする

昼間の間に、軽い疲労を覚える運動をすると、夜のゴールデンタイムに眠気がでてきます。

良い睡眠を促すセロトニン、メラトニンは日中の太陽の光と運動によって、つくられます。

あまりハードな運動は、夜まで興奮状態が続き眠れないことにつながります。

太陽の光を浴びながら軽い散歩で、少しの疲労感を残しましょう。

4 朝起きたら太陽に光を浴びる

人間には「時計遺伝子」があります。

太陽の光を基準として、体のリズムをとています。

「時計遺伝子」は24時間より少し長めです。

なにもしないで、家のなかばかりにいると、だんだんと睡眠時間がずれてきます。

朝起きたら、太陽光を浴びて毎日リセットしましょう。

起きるべき時間に起きるということが、良い睡眠につながります。

5 ふとんに入ったら深く呼吸する

不眠で悩む人は浅い呼吸の人が多いそうです。

ふとんに入ったら意識して深く呼吸してみましょう。

ゆっくりと深い呼吸は、自律神経を正常にもどしてくれます。

ゆっくり5秒間息を吸います。

5秒間止めます。

5秒間で息を吐ききります。

鼻からゆっくり吸って、口から吐きだします。

最初は長いと思われるかもしれませんが、慣れるとゆっくり呼吸ができるようになりますよ。

6 顔の筋肉をほぐす

寝る前に体全体をストレッチするとリラックスできますが、時間がないときは、顔の筋肉をほぐすだけでも、寝付きがよくなります。

意識して口角をあげてみる

嫌なことがあっても、意識して口角を上げて笑顔になると、自然と心が落ち着いてきます。

寝る前に愉快なこと、楽しかったことを思い出して、意識して笑顔をつくってみましょう。

笑顔は顔全体の筋肉をほぐしてくれるだけでなく、心を落ち着かせる効果もあります。

タッピングをする

タッピングとは、指先や手のひらで軽く顔をたたくようにすることです。

こわばった顔の筋肉をほぐすようにします。

目のまわり、ほほ、口もとなどを指先で軽く触れる程度の強さで叩きます。

眉間→眉の下→目のまわり→鼻のした→顎の順番に、気持ちいいと感じる場所をやさしくタッピングしてください。

すぐに、血行が良くなってポカポカしてきます。

強く叩きすぎるとかえって筋肉が緊張するので、やさしくタッピングしてください。

7 お風呂の入り方

入浴は副交感神経の働きを高めて、質の良い睡眠の手助けをしてくれます。

少しぬるいと感じる温度で、

首まで5分。半身浴を10分。

を目安にします。

すると、体の深部体温が38度から39度の適温になり、快い睡眠につながります。

8 寝室の香り

好きな匂いを嗅ぐと、末梢の血流がよくなることがわかっています。

食後にハーブティーを飲んだり、アロマをたくのは男女問わず習慣にしたいものです。

香りは、個人の好みが大きいので、『ここちよい』と思う香りを選びましょう。

一般的に睡眠効果のある香りは、ラベンダーです。

9 寝る前のルーティンを決める

自律神経は、規則的な動作をすることで安定します。

いつもと違う動きをすると、落ち着かないのは自律神経が関係しています。

自分なりの「寝る前の動き」をつっくておきましょう。

複雑な動きはかえって集中力を増してしまうので、簡単な動きにしましょう。

  • 伸びをしてから布団にはいる。
  • 白湯を飲んでから布団にはいる。
  • 就寝時間をメモしてから布団にはいる。

など毎日簡単に継続できるものにします。

10 寝具にこだわる

寝具も大切ですね。

枕は、頭をのせたとき、首と床が平行になるものを選びます。

布団やマットレスは、体圧を適度に分散してくれるものを。

睡眠中に、適正な姿勢を保つにはある程度の硬さが必要です。

正しい姿勢を保てる程度の硬さを持ったものが、自然な寝返りを促してくれます。