金運をあげるなら長財布?それとも二つ折り財布?あなたの財布はどちらですか?

シェアすると金運アップ(๑˃̵ᴗ˂̵)

「長財布のほうがお金が貯まる」という説がネットで話題になりました。

長財布のほうがお金を大切に扱うので、お金が貯まりやすいそうです。

二つ折り財布はというと、常にお札を折りたたんでいるので、お金の居場所がないというわけです。

本当でしょうか。

今回は金運があがる財布について考えてみましょう。

スポンサーリンク

金運アップの財布は長財布か二つ折り財布か

財布は大きく長財布と二つ折り財布に分けられます。

金運があがる財布はどちらでしょうか?

実は、どちらでもないが正解です。

財布は生活必需品。持ち主の個性に合わせてOK!

  • マンションがいいか、一戸建てがいいか。
  • 速くてデザインが良いスポーツカーがいいか、なんでも積めるワンボックスカーがいいか。
  • ビジネスバッグがいいか、リュックサックがいいか。

の、ように使い方や状況によって、どちらが正解とはいえないものです。

仕事や趣味、出張が多い、お買い物の頻度などによっても使いやすい財布は変わってきます。

金運があがるからといって、わざわざ気に入らない長財布を選ぶ必要はないのです。

二つ折りでも、大切に使えばお札と小銭の管理がしやすい、という利点があります。

金運をあげる財布とはこういうことです!!

まずは、金運があがらない財布を考えてみます。

  • レシートや期限切れのクーポン券でパンパンな財布
  • 汚れている財布
  • ボロボロな穴だらけの財布
  • 気に入らない色の財布

こんな感じでしょうか。

だったら、この逆にすればいいんですね。

  • レシートなどはいつでも整理されている財布

  • 使い込んでいても小綺麗な財布

  • 自分が気に入って使っている財布

財布はお金にしてみれば、滞在するホテルのような存在です。

あなたは、お金というお客様をお迎えするコンシェルジュ。

お金に気持ちよく過ごしてもらうことを優先的に考えれば、自然とどんな財布がだめで、どんな財布が良いかみえてくるでしょう。

財布の役割

財布の役割について考えてみましょう。

アメリカやヨーロッパでは、マネークリップや直接ポケットからお札やコインを出す習慣があります。

お財布を持っていないのかなと思えば、そんなことはなく、財布も落ち歩いています。

恋人やお子さんの写真を入れていたりしますね。

欧米では、チップの習慣があるので日々使う小銭はマネークリップやポケットにしまっていて、ある程度のお金はお財布に、ということなのでしょうか。

日本では、お金をポケットに直接しまうなんてことはしませんね。

最近では見ませんが、日本では現金は給料袋にいれて渡されていましたね。

アメリカの古い映画では、現金をわしづかみで配っているシーンをみかけました。

日本では、お金は尊敬すべき存在だったんです。

日本におけるお財布の原型は、祝い事や弔事に使う熨斗袋とされています。

さらに、ふくさに包んでお金そのものを神聖なものとして扱ってきました。

それは渡す相手のことを、尊重してきたからではないかと思います。

お金を介して他人とつながることは、農耕民族でつながりを重視する日本人にとって、神聖なことだったのではないでしょうか。

まとめ

長財布でも二つ折りでも、金運に差がつくということはありません。

金運はあなたの心が運んでくるもの。

お金を迎え入れる状態になっていれば、実はどんな財布でもOKなんです。

もちろん、占いや風水を信じて財布を選んでもOKですよ。

何かを信じるということは、あなたの心を落ち着けることにつながるので、自然と金運もあがるのです。

大事なことは、お金に気持ちよく滞在してもらうこと。

そして、お金を出す時がきたら「いってらっしゃーい」と元気に送り出すことですね(*^_^*)