幸福を運んでくれる雛人形。もともとは違う意味がありました【金運雑学】

シェアすると金運アップ(๑˃̵ᴗ˂̵)

女の子がいるご家庭では一大イベントのひな祭り。

雛人形を飾って、娘の健やかな成長と幸福を祈るものです。

もともとの始まりは、『雛人形が幸福をもたらす』のではなくて、『雛人形が不幸を持ち去ってくれる』と考えられていたそうですよ。

その昔、人間の形をした人形は、人そのものを写し取ったものでした。

紙や粘土でつくった素朴な人形をさすったり、息を吹きかけたりして自分のなかのけがれや災いを人形にうつすことができるとしていました。

もともとは『身代わり』。

それが雛人形のルーツです。

なので、昔のひな祭りは、そんな人形を川に流すことで厄払いをする儀式のひとつでした。

こうすれば、娘を災厄から逃れることができる。

雛人形は、人間の不幸を背負って流れていってくれる悲しい存在だったのです。

スポンサーリンク

災難除けから幸福を願う行事へ

そんな悲しい風習だったのですが、平安時代から様子が変わってきます。

呪術的な存在だった人形たちが、工芸技術の発展によっていきいきと輝きだしたのです。

趣向を凝らしたたくさんの雛人形がつくられるようになりました。

平安時代からは、貴族の間でお人形遊びが流行しました。

やがて室町時代には、親しい家の間で雛人形を贈り合う習慣が生まれます。

庶民の間では雛人形は高価なものでした。

そうそう川に流すわけにはいきません。

3月3日の夜に娘の枕元に雛人形を飾っておくと、1年間の厄を吸い取ってもらえると考えられましたが、その後はお祓いをして、流さずにしまっておくようになりました。

さらに、江戸時代には雛人形はだんだんと豪華になり、人形専門の職人も現れてきます。

上流階級はもちろん、庶民の間でもひな壇が飾られるようになってきます。

これが、現代に伝わるひな祭りの起源です。

ちなみに、ひな祭りのひなとは、小さくて可愛いものという意味で、鳥の雛が語源になっています。

『桃の節句』の意味

節句とは、節分とならんで季節を分ける節目のことです。

奇数の数字が重なる時期は、災いが起こると考えられており、その災や邪気をはらうために祭りをしていました。

三月三日は上巳の節句、五月五日は端午の節句、七月七日は七夕の節句、九月九日は、重陽の節句と呼ばれ、それぞれ、その時期の季節の植物が飾られます。

端午の節句には菖蒲、七夕の節句には笹、重陽の節句には菊が飾られます。

そして、三月三日の上巳の節句には、桃の花が飾られました。

そこから三月三日は桃の節句と呼ばれるようになりました。

桃は一本の木にたくさん身をつけることから、生命力の象徴ともされてきました。

百歳(ももとせ)にも通じることから、長寿の願いもかけられています。

ひな祭りの食べ物

今では、桃の節句ということで、桃のスイーツが街中にあふれています。

ひと昔まえは、やっぱり『ひなあられ』『ひし餅』と『甘酒』でしょうか。

いまでは、春の食材を使って『ちらし寿司』や『手まり寿司』などを楽しむ家庭も増えています。

どれも、春の訪れを祝うかのような目に鮮やかな食べ物ですね。

地域によっては旬の『はまぐり』を食べる習慣もあるようです。

春に芽を出す食べ物、山菜やよもぎ、木の芽なども縁起物としていただきます。

旬のものを使った茶碗蒸しなども人気があります。

桃の花を浮かべたお酒も流行ったそうです。

子どもたちはひなあられを食べながら、大人もお酒や食べ物で楽しんでいたんですね。

ひな祭りの行事

三月にはいると、春の陽気に誘われるように日本全体でイベントが増えてきます。

特にひな祭りにあわせてさまざまな行事が全国で行われいます。

歴史ある祭りもあれば、現代ならではのイベントもさまざまです。

つるし雛まつり

静岡県伊豆地方をはじめ、全国各地で行われています。

まだ雛人形が高価だったころ、紙でつくったお雛様や小物を飾ったのがルーツとされています。

静岡県東伊豆町 稲取温泉 雛のつるし飾りまつり

福岡県柳川市 柳川雛祭り

山形県酒田市 傘福

ビッグひな祭り

大きさを競うイベントも大盛況です。

千葉県勝浦市 かつうらビッグひな祭り

徳島県勝浦町 阿波勝浦 ビッグひな祭

徳島県全域の観光、イベント、宿泊情報の紹介。自然、歴史、グルメ、レジャーなど旅行に役立つ情報が満載!

茨城県大子町 百段階段でひな祭り

Tweet ココが見どころ 約1,300年の歴史がある十二所神社。その参道にある通称「百段階段」を舞台に、絢爛豪華に約1,000体のひな人形が飾られます。 その景観はまさに壮観です。また、2月18日(土)から3月5日(日)までの期間、約15

岐阜県高山市 飛騨高山雛まつり

「飛騨高山雛まつり 」の情報なら、ぎふの旅ガイドで。「市内各所で土雛や古今雛など代々伝わる雛人形を展示。スタンプラリーも開催します!」です。岐阜県観光連盟がお届けする、岐阜観光の公式サイトです。

まとめ

子どもたちの成長を願う気持ちは、昔も今も変わらない崇高なものです。

子どもたちが明日の日本経済を成長させてくれるのですから、あなたの金運にも大きく関連があります。

子どもたちの成長を願って、各地のイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。