金運思考は発想力が大事です!5つの思考トレーニング方法

シェアすると金運アップ(๑˃̵ᴗ˂̵)

金運はただの偶然ではなくて、小さなチャンスに気づくか気がつかないかだと思っています。

チャンスをつかむには、身の回りのささいな変化を見逃さないことです。

そのためには、思考トレーニングをしましょう。

方法さえ覚えてしまえば、仕事にも家事にも役立ちます。

スポンサーリンク

1 あなたの『ひらめきスタイル』をつくりだそう

ひらめく時間・場所・行動を把握

過去にさかのぼって、ひらめいた時のことを思い出してください。

1 時間(何時頃に)

2 場所(どこで)

3 行動(何をしているとき)

をできるだけ思い出してみます。

時間や場所はざっくりでいいと思います。

まとめてみると、おおまかな傾向が見えてきます。

傾向がわかれば、対策を考えます。

ひらめきが多い場所がわかったら、なるべくそこに行ってみる

時間が特定できたら、その時間帯はリラックスしてひらめきを待ってみる

散歩をしているときにひらめいたら、散歩の時間を増やしてみる

場所と時間、時間と行動などを組みあせてみてもいいですね。

2 連想から発想を呼び込む

発想の助けになるものを目につく場所におく

ただむやみに考えてみても、発想は生まれにくいものです。

おすすめは、『目』を使うこと。

発想の助けなるモノを手元に置く。

たとえば、机周りに仕事に関係する写真を貼る、新聞雑誌の切り抜きを貼る、などしておくと、無意識のうちに情報収集ができて、発想につながります。

重要なキーワードがでてきたら、類語辞典などで似たような用語を探します。

ひたすら連想を繰り返して、発想を膨らませます。

考えているだけではみつからないヒントが、連想にはかくされています。

3 自分で自分に時間のプレッシャーをかける

タイマーを上手に使う

スマホにはタイマーが標準でついています。

これをうまく使いこなしましょう。

簡単なつかいかたは、タイマーを5分にセットして、紙に”思いついたことをすべて”書き込みます。

コツは「考えない」「手を止めない」「誤字脱字は気にしない」ことです。

とにかく5分間、手を止めずに書き続けます。

これ、ほんとにきついです。

最初の頃は1分も立たないうちに書くことをやめてしまいました。

いまでは、A4用紙に書ききれないくらいできるようになりました。

『100個のアイディアを5分で書く』というように決めてもいいかもしれません。

時間をかければ発想が湧くとは限りません。

自分に時間のプレッシャーをかけると、頭はフル回転して思いがけない発想がでてきます。

わたしは『ポモドーロ・テクニック』という方法を日々の基本にしています。

『ポモドーロ・テクニック』については、【金運秘伝の書】でくわしく解説しています。(パスワードはLINE@で配布しています。)

4 五感を使って発想する

音や香りが発想力を刺激します

五感に働きかけると発想しやすくなります。

発想に行き詰まったら、顔をたたく、散歩する、音楽を聴くというのは日常的にやっていると思います。

視覚

目で見て判断することは右脳を刺激します。

触覚

心地よいもの触ったり、いい空気を感じたりということは、リフレッシュ感につながります。

聴覚

「集中ソング」と「リラックスソング」を使い分けるとより効果的です。

嗅覚

ヒノキなどの樹木のに香りは、リラックスしながらも集中力を高めてくれます。

味覚

好みの味も、発想の幅を広げてくれます。コーヒーやチョコレート、柑橘系など自分なりの香りを決めておきます。

五感をフルに活用して、深いリラックス効果がある『54321法』という方法があります。詳しくはネット検索してみてください。

わたしなりの『54321法』があります。これも【金運秘伝の書】でくわしく解説しています。(パスワードはLINE@で配布しています。)

5 ひとつの発想から複数の発想を

工夫の4要素をうまく使いこなす

既存の発想ひとつから複数の発想を膨らまします。

4個の方法があります。またはこの4個を組み合わせます。

1 結合

既存の発想同士をくっつけたり、正反対のモノをくっつけたり、発想と思いつきを自由に結びつけてみる。

2 省略

既存の発想から中身を削ぎ落としてみる。

3 発展

特徴を際立たせてみる。特徴を目立たせてみる。など実現可能性にとらわれず発展形を考えてみる。

4 変形

小さくする、大きくする、角をとる、形を変える、素材を変える、など変形したときにどんな効果があるか考える。

まとめ

発想する、アイディアを出す、というのは難しく考えすぎると出てこないものですよね。

堅い考え方よりも、自由な柔軟な考え方が良いと思います。

眉間にシワをよせて考えているときより、ワクワクしているときにいい考えが浮かびますよね。

と、いってもこれが難しいのですけど。