予知能力で金運をあげる!いい予感を育てるにはメンタルヴィゴラス状態に!

シェアすると金運アップ(๑˃̵ᴗ˂̵)

金運をあげるには『予知能力』が必要です。

さあ、未来を予知しましょう!

といっても、無理ですよね。

予知能力があって未来を正確に当てられたら、そもそも金運をあげようなどと悩むことはなくなります。

ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
スポンサーリンク

予知能力にはいい予感と悪い予感があります

金運を呼ぶには予知能力が関係しています。

予知能力といってもオカルトやスピチュアルのような、超自然のことではありません。

『失敗してしまう気がする』

『これは絶対成功する』

『嫌な予感がする』

『いい出会いがあるかもしれない』

そんな直感のような感覚は誰でも経験していると思います。

これは自然のことです。

人生は選択の連続です。

どちらかに行かなければならなくなった時、人間は直感で選択をします。

一度通った道なら、過去の経験も役立ちます。

自分の進路や人生の帰路にたったときに、予感が現れるのは自然なことなのです。

予感には”いい予感”と”悪い予感”があります。

でも、当たるのはいつも”悪い予感”ばかり。

いい予感を磨くにはどうしたらいいのでしょうか?

いい予感には『努力』が必要です

いい予感と悪い予感の違いは、『努力』が必要かどうかです。

意識して『努力』をしないと、いい予感にたどり着きません。

悪い予感には『努力』は必要ありません。

人間は現状維持を好みます。

ポジティブに行動してチャンスをつかむ、ネガティブに行動してリスクを避けようとします。

そのほうがラクだからです。

そして、悪い予感が当たったときほど鮮明に心に残ってしまいます。

いい予感を当てるには、意識して『努力』する必要があります。

いい予感は記憶に残りにくいものです。

努力を重ねているからこそ、その努力を根拠にして”いい予感”がはたらくのです。

いい予感を磨くには感度をあげることが大事です。

失敗ではなく、成功した記憶を積み重ね、脳のなかにデータベースとして残します。

成功体験を繰り返して記憶に刻むことで、なにか物事が起きるときも良い直感が働きます。

そして、そうした予感を大切にします。

いい予感を呼ぶ『メンタルヴィゴラス状態』

成功する前から、すでに成功した気分になっている状態のことを『メンタルヴィゴラス』といいます。

ゾーンに入る。とも表現します。

金運をあげるためのメンタルトレーニングを5つご紹介! ゾーンを自分でつくる!

○ピッチャーが投げたボールが止まって見えた ○スタートラインに立ったとき、ゴールがはっきり見えた ○体が自然に動いた ○相手の...

これからすることを「成功した!」とリアルにイメージすることで、実力を100%発揮できる状態です。

この状態で目標に集中することで能力は飛躍的に高くなります。

メンタルヴィゴラス状態になるには、「○○したい」「○○になりたい」という願望だけではイメージが弱すぎます。

たとえば、野球で優勝して、みんながマウンドにあつまって抱き合っている、ヒーローインタビューを受けている、など成功しているイメージを具体的思い描くことです。

『優勝した!』と過去形で思い込んでもいいです。

こうしていい予感を呼び込む努力を重ねていきましょう。

まとめ

悪い予感が当たっても気にしない。

それがあたりまえなんです。

いい予感が当たったら心に強く残す。

これには少し努力が必要です。

いい予感を現実のものにするためにはメンタルヴィゴラスが必要でした。

これは意識して努力しないと。