【金運雑学】明治時代の1円はいまの何円?

シェアすると金運アップ(๑˃̵ᴗ˂̵)

江戸時代には、金貨、銀貨、銭貨、地方の藩が発行していた藩札など、様々なお金が現金として使われていました。

もちろん物々交換も多かったでしょう。

明治維新後、全国共通の通貨制度になります。

明治時代の1円は、今の価値でどのくらいでしょう。

諸説ありますが、単純に物価を基準にすると現在の3,800円くらいだそうです。

物価も給料も、現在と比較するのが難しいようで、給料の価値を加味すると2万円くらいの価値があったようです。

100円あれば一年間は生活できそうです。

さて、では当時の一円硬貨を現在の買取業者に査定してもらうと、いくらくらいになるでしょう?

保存の程度や年代、タイプにもよりますが、5万円ほどで取引されています。

実家の蔵なんかに明治の一円が眠っていませんか?

未使用超美品なら20万円以上することもあるようですよ。

特に明治8年発行の一円は発行数が少なかったため、100万円の値がつくことも!

明治時代は100円あれば大金持ちでしたが、現在は明治時代の一円を持っていたら大金持ちですね。