【金運秘伝の書】プレゼント

宝くじを買う前にすべきこととは?金運がいい時と悪い時ではすべきことが違いますよ

シェアすると金運アップ(๑˃̵ᴗ˂̵)

宝くじを買う前にすべきことがあります。

まずは、冷静に客観的に自分を見つめ直してみてください。

ゆっくり深呼吸をして、最近の出来事を見返してみてください。

心当たりはかならずあるはずです。

瞑想をしてみるのも、自分の心に正直になれるのでいいですね。

わたしの瞑想法は【金運秘伝の書】で公開しています。

ぜひ、LINEのお友達登録をして【金運秘伝の書】を開いてみてください。

準備はしすぎることはありません。

宝くじを大きくあてるには?

スポンサーリンク

金運がいいと感じているとき

金運がいいと感じるということは、心と体が整っていて物事に対して素直に反応する準備ができている時です。

このときにすべきことは、ズバリ行動です。

やりたいことを決めてどんどんと行動しても良い時期です。

心と体が素直になっているときに、ブレーキをかける必要はありません。

突き進むことでさらに金運が後押しをしてくれる時期なのです。

もちろん、宝くじも躊躇することなく購入してみましょう。

あの西銀座チャンスセンターで宝くじ購入を代行できますよ。

宝くじ購入代行なら【ドリームウェイ】

金運が悪いと感じているとき

金運が悪いと感じているということは、体と心が乱れている時です。

こんな時にむやみに行動に移しても、求めている結果と真逆の方向に進むことになります。

金運が悪いと感じているときは、心が乱れているので戸惑いがでてきます。

本来の自分を信じられなくなって、直感が鈍ります。

金運が悪い時は勉強のとき

これまで関心がなかったことに挑戦してみるチャンスと捉えます。

避けてきたことや、ふれる機会がなかったことにも出会い「やってなかった宿題をこなす」時期にきたともいえます。

最初はつらいと思うことも、「今までやってこなかったことを体験できるチャンスなんだ」と思うことで、すんなりとできるものです。

ここで得た経験は、人生のステージを一段上げてくれることでしょう。

心と体が乱れると、トラブルに巻き込まれたり、苦手な人と絡むことになったりもしますが、それ自体がステップを上がるための勉強です。

ここでいかに『面白がれるか』が金運アップの秘訣です。

神社仏閣を訪れてみる

金運がないなと感じている時は、自分より大きな存在を実感できるような経験をしてみると物の見方が変わります。

神社やお寺は、『自分はなにか大きなものに守られている』と感じるスポットです。

それだけでも金運がないことなど気にならなくなります。

人間の力を超越した世界があるということに気づくと、自分などまだまだ未熟であるということを素直に受け入れることができるようになります。

そのうちに、せおっていた緊張がほどけて、肩の力がすっと抜けていくのを感じるはずです。

自然と感謝の気持ちが湧いてきたら、金運アップのきざしです。

自分に過度に期待をしない

いかに失敗せずにいきるか、いかに怒られないで生きるか、と考えてしまうと心が乱れてきます。

失敗すること、怒られないことばかりが気になって、本来の自分を見失いがちです。

逆に失敗すること、怒られること、を前提に考えれば見方が変わってきます。

楽に生きられるようになってきます。

もちろん、同じ失敗を繰り返すと自己嫌悪になってしまいますので、反省は必要です。

誰かに怒られても焦ったりイライラする事がなくなります。むしろ、「間違いを見つけてくれてありがとう」と感謝の気持ちも湧いてきます。

自分に過度に期待しないことは、他人に対しても同じです。

期待通りに動いてくれなくても、それがストレスになることはなくなります。

もともと完璧な人はいません。

おおらかに考えることが、金運を呼び込むには必要なことです。

どんどん人に会う

お金は人が運んできます。

人を介在して金運は流れています。

人に会うと多少なりともストレスになります。

しかし、人と会わずには金運もお金も巡ってきてはくれません。

苦手な人でも、悪い人でも、あなたを成長させてくれるのは、あなたを取り巻く人々です。

たくさんの人と出会うということは、それだけたくさんの幸せのタネと出会うということです。

まとめ

宝くじを買うときには、あなたの金運の状態を素直に見つめてみましょう。

金運が悪いと思っていても、実はお金が入り始める合図だったりするものです。