【金運秘伝の書】プレゼント

希望という言葉には金運が隠されています

シェアすると金運アップ(๑˃̵ᴗ˂̵)

”わたしには金運がない”

そんなネガティブな感情は、だんだんと静かに心を蝕んでいきます。

たとえささいな出来事でも、『自分は金運がないから仕方がない』と考えてしまいます。

そこで思考停止状態になってしまって、さらにネガティブな感情に支配されていきます。

なにかにつけて他人と比較してしまい、うらやんでしまいます。

こんな負のスパイラルはとっても危険です。

金運を呼び込むポジティブ感情を封じ込めてしまいます。

そんなときは魔法の言葉の出番です。

スポンサーリンク

希望

いい響きですね。

希望という文字のまわりには、いつもキラキラの星が輝いています。

どんよりとした雰囲気の『希望』は見たことがありません。

希望とは、将来の自分の姿です。

将来の自分の姿はキラキラとしているはずです。

希望を明確にイメージできるひとが、金運をつかむことができます。

希望がないひとにはいつまでたっても金運は訪れてきません。

ツライことが起きた時、人は明日への希望を持つことができなくなります。

なにをしても、つまらない。

どこに行っても、気が晴れない。

でも、希望はあなたの心のどこかには必ずありますよ。

どこかに消え去っているわけではないのです。

ただ、見えなくなっているだけです。

あなたの心の整理をしてみてください。

希望の棚卸しをしてみましょう。

どんなときでも、希望は心のどこかにあります。

希望をつかんだら、金運をつかんだと同じことです。

希望を持つことはタダです。

誰かにお金を払って手に入れるものではありません。

自分の心に素直に従えば、自然に手に入れることができるものです。

シェイクスピアは言いました。

不幸を治す薬は、

ただもう、希望より他にない。

希望があると、人は努力ができます。

希望に少しでも近づくように努力をします。

この努力こそが金運を手にする最大のコツです。

まとめ

生きる意味を考えだすときりがありませんね。

どうして生きているんだろう。

これから何をしたらいいんだろう。

何をするために生まれてきたんだろう。

堂々巡りで結論なんてでません。

どう生きるのが自分らしいのか。

もしかしたら、”希望”にそのヒントがあるのではないでしょうか?