金運を下げてしまう言葉をプラスの言葉に!!金運NGワードの言い換え方

シェアすると金運アップ(๑˃̵ᴗ˂̵)

言葉はあなたの行動になります。

行動は習慣になります。

習慣はあなたの人生そのものです。

言葉は、あなたの人生を決めてしまうと言っても、言い過ぎではありません。

プラスの言葉は、プラスの行動になってあなたの人生を豊かに彩るでしょう。

マイナスの言葉は、心がすさんであなたの人生そのものをつまらないものにしてしまいます。

金運を引き寄せている人は発する言葉も、やはり金運を引き寄せる言葉を選んでいます。

まず、運がいい人は常にプラスの言葉を使っている、または使おうと意識をしています。

何か難しいことに直面しても、『大丈夫、自分ならできる』と口にして、自分を信じ続けたら本当に乗り越えられた、というケースは珍しくはありません。

あなたにも、心当たりがあると思います。

これは、オカルトやスピリチュアルなどの非科学的なことではありません。

認知行動療法では、認知と行動、感情、身体、環境の5つは密接に繋がっているとされています。

この5つがバラバラに動いていることのほうが、非科学的ですよね。

砂糖水を、『頭痛薬の新製品で、95%の人が頭痛がなくなる』と言われて飲んだら、本当に頭痛がなくなった、という実験もあります。

いわゆるプラセボ効果ですが、これも単なる思い込みというだけではなく、環境やタイミング、それを言われた人間関係によって結果が違ってきます。

口から発する言葉を金運をあげるものに変えるだけで、考え方が前向きになって行動範囲が広がってきます。

新しいことや難しそうなことにもどんどんチャレンジできるようになるので、結果としてチャンスをより多くつかむことができるのです。

そして、金運をあげる言葉には感染力があります。

金運をあげる言葉のポジティブなオーラは、家族や友人、恋人、職場のひとたちにもいい影響を与え続けます。

その結果、自分を取り巻く環境がプラスに変わっていくんです。

なので、日頃からプラスの言葉を口にすると物事がうまく進んで、自然と金運があがっていくというわけです。

スポンサーリンク

金運を下げてしまう言葉

まずは、金運をさげてしまう言葉をみてみましょう。

ここに書いた言葉は、すべてプラスの言葉に言い換えることができます。

思わず口にしてしまっても、言い直せばOKです。

金運NGワードその1 『すみません』

誰かに親切にしてもらったとき、感謝の意味でこの言葉を使う人がいますね。

でも、『すみません』は、本来謝罪の言葉です。

この言葉を使う時は、うつむいて申し訳なさそうな表情になりがちです。

言ったほうも、言われたほうも、特にハッピーになる言葉ではないですよね。

相手の好意に対してお返しする言葉は、やっぱり『ありがとう』です。

『ありがとう』はなんにでも使える言葉。

思わず『すみません』と口走ってしまっても『ありがとう』と言い換えましょう、

金運NGワードその2 『疲れた・・』

仕事に家事に頑張っている方こそ使ってしまうこの言葉。

でも、言葉の影響力は大きいもの。

自分で言うことは脳に直接働きかけるので、とたんに体も思考も鈍くなってしまいます。

周囲の空気も暗くなるばかり。

疲れを感じた時こそ、実はチャンス。

『おつかれさま、わたし』

『オレ、よくがんばった』

と励ましの言葉に変えましょう。

達成感と充実感で幸せな気持ちになります。

本来、疲れることはいいことなんです。

睡眠の質があがって、ぐっすり眠れます。

疲れて回復して、を繰り返して、体も心も強くなっていきます。

金運NGワードその3 『いつも、ツキがないな』

物事がうまく進まない、不運な出来事が続いてしまう、とつい口にでてしまう言葉です。

でも、振り返ればいいこともあったはず。

そこに目を向けずに「いつも」と言ってしまうと、脳が『自分はもともと運が悪い人間なんだ』と勘違いして、潜在意識に刻み込んでしまいます。

悪いことが続いたら、

『今回は、たまたま』

『こんなときもあるさ』

とつぶやいてみましょう。

楽天的に考える癖がつけば、脳は少しくらいの不運は無視してくれます。

金運NGワードその4 『いえいえ、全然』

謙虚さは常に持ち合わせているべきですが、この言葉を多用すると金運がさがります。

たとえば、「その服ステキですね」とほめられても、『いえ、全然そんなことないです』と言ってしまうと、脳が「自分はステキじゃないんだ」と勘違いしてしまいます。

ほめた方も複雑な空気になってしまいますね。

ほめ言葉は素直に受け取りましょう。

思わず口にでてしまっても、ひとこと

『うれしいです』

と付け加えると、自分の脳にも相手に与える印象も変わってきます。

まとめ

まずは、この4つのNGワードを徹底的に使わないようにしましょう。

プラスの言葉に言い換えたり、つい口に出してしまっても、プラス言葉を付け足せばOKですよ。

そうするうちに気がつくと、前向きに過ごせるようになりますよ。